×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

小顔に見える方法

むくみやたるみで大きくなってしまいがちな顔を、小顔の見せる方法を色々とご紹介いたします。フェイスラインをシャープにみせて、本来持っていた輪郭を取り戻しましょう。実行あるのみです。いろいろな方法で小顔美人になりましょう。顔の筋肉を鍛えて、張りのある肌を作ることです。小顔に見られない原因の一つはむくみです。

顔の筋肉を動かすエクササイズをしましょう。この効果でほほがあがり、血行もよくなり、若々しく見えます。良く噛んで、筋肉を動かすことにより、本来の輪郭が出てきます。毎日の食事の時を利用してむくみを取ることを習慣にするのが大切です。たくさん噛むことは、消化も助けますし、ダイエット効果もあります。まずはストレスを感じない生活は小顔になるためには必要です。

疲れた筋肉のマッサージも忘れないようにしましょう。笑えばそれだけ筋肉を上がります。心も健康になれますよね。次に、むくみの原因となる水分を取り過ぎないことです。寝る前は水分を控え、枕などで首を圧迫しないようにしましょう。自分に合った枕探しも必要ですね。小顔に見せる為に髪型でエラなどを気にしていてついつい隠してしまいがちです。

しかし髪形を変えるだけでもずいぶん違ってきます。髪の毛が広がっているとそのために「大きい」イメージを与えてしまうのです。髪の量を調節することにより、顔が大きく見えないようにするのも一つの手段にです。自分がどういう髪質なのかを知ることが大事です。それによって使うシャンプーやリンスなどを変えてみるのもいいでしょう。

また美容師さんにフェイスラインをすっきりと見せるカットや小顔にみせる髪型を相談してみるのも良いですね。もっと他にたくさん方法はあるかと思いますが、日ごろから出来る簡単な方法としてご紹介しました。ちょっとおうちで試してみてくださいね。

関連サイト


ボトックスの特徴と小顔効果

ボトルックスの特徴である小顔効果についての関係を考えてみます。ボトックスの注射は、シワが小顔になりたいと気になる部分に直接注射できるという特徴があるので美容外科などで使われています。顔の表情筋の影響で出来たシワに有効であるのがボトックス注射です。年齢によって出来たシワよりも有効とされています。

注射の効果の持続には個人差があります。長く効く人もいれば数週間で切れる人もいるようです。注射というだけあって手軽に出来るというのも特徴です。もし、美容外科でキレイになるには大掛かりな手術などを想像しますが、ボトックスは大掛かりな手術ではありません。施術後すぐに普段どおりに外出などできるのがメリットで、メスを使わず、短時間で済むので、体も精神的にも負担が少ないのです。

スッキリとしたフェイスラインは小顔の第一歩です。シワのない肌は若々しくみえます。ボトックス注射が小顔効果を一番早く手にいれることができる最も最短な手段だと言えるでしょう。ドラックストアーでは、ボトックス入り化粧品も販売されています。小顔効果を継続させる効果があります。

ボトックス注射の効果と同じ様に筋肉に働きかけ、シワを改善し小顔に効果のある成分が含まれています。最近では小顔やシワだけでなく多汗症の治療などにも使われてきているボトックスですが、まだまだ可能性を秘めている美容成分ですね。


Copyright © 2008 小顔 All rights reserved.
- ホームページSOS -